クレジットカード現金化にはトラブルも隠れている

相手が見えないからこそ注意

急な出費などの際にとても便利なクレジットカード現金化ですが、業者とのやり取りは基本的に電話のみとなっている事があります。また、クレジットカード自体が手元にあることから、安心してしまう点が多くあります。しかし、どの業種でもトラブルがあるように、現金化業者でもトラブルは発生します。その点をしっかり認識しましょう。

業者とのトラブル

  • 高額でないと現金化しない
  • 入金がされていない
  • 換金率が違う
  • 連絡が取れなくなる
  • 個人情報を悪用

クレジットカード現金化にはトラブルも隠れている

貯金箱

悪徳業者の見分け方を覚えよう

トラブルを避けるために自分で注意している人も多いですが、どんな点に気をつければいいかわからない人も少なくありません。そんな時には、業者の公式サイトを確認してみましょう。きちんとオフィスが確認できるか、会社の代表者名が明記されているかなどを見ることで、企業としての情報を表示していることになるため、信憑性が高くなります。

円

サービス内容も見極めるポイント

業者の情報を確認して信憑性が高いと感じても、サービス内容が悪質な場合もあります。たとえば、換金率99%と明記されている場合、現金化できる金額が多くなるため嬉しいですが、企業としては殆ど利益がない事になります。こういった無理だと分かる表示をしている場合は、注意しなくてはいけません。

業者を比較することで注意点を見極められる

現金化業者は複数あります。そのため、換金率の相場や手数料の有無、きちんとした本人確認を行っているかなどの点を比較することができます。きちんと注意点を見極めることで、信頼することができる業者を探し出すことができます。